税理士ブログ

2020年7月27日|カテゴリー「税金Q&A〈相続〉
【問】
夫は5年前に退職し、退職金の一部を年金として受け取っていました。
このたび夫が亡くなりましたが、残りの期間の退職年金は相続財産になるのでしょうか。


【答】
亡くなった旦那さんから年金受給権を相続又は遺贈により取得したものとみなされるため、相続税の対象になります。




※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

相続税・相続対策・事業承継など、疑問に思われることや不安に思われることがございましたら
いつでもお気軽にお問い合わせください。

初回のご相談1時間無料です!


                        フ ジ
税理士法人FUJI 
086-461-2111      
〒710-0012  岡山県倉敷市鳥羽79-20    お問い合わせ
                                                    
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


2020年7月10日|カテゴリー「税金Q&A〈相続〉
【問】
先日父親が亡くなりましたが、亡くなる前に父親と長男である私とで死因贈与契約を交わしていました。
内容は、「私(父親)が亡くなったらこの家と土地を長男に与える」というものです。
この財産は贈与税の対象になるのでしょうか。


【答】
死因贈与により取得した財産は、贈与税ではなく相続税の対象になります。
死因贈与の対象となる財産を含めた遺産の額が基礎控除以内の場合は、相続税はかかりません。




※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

相続税・相続対策・事業承継など、疑問に思われることや不安に思われることがございましたら
いつでもお気軽にお問い合わせください。

初回のご相談1時間無料です!


                        フ ジ
税理士法人FUJI 
086-461-2111      
〒710-0012  岡山県倉敷市鳥羽79-20    お問い合わせ
                                                    
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


scroll-to-top