常勤取締役から監査役に退くことになりましたが、退職金を支払うことはできますか。

ご質問

常勤取締役から監査役に退くことになりましたが、退職金を支払うことはできますか。

お答え

役員が分掌変更した場合、例えば次のように、分掌変更によって役員としての地位 や職務の内容が激変して、実質的に退職したと同様の事情にある場合に退職金として支給したものは、原則として退職金として取り扱うことが出来ます。 

① 常勤役員が非常勤役員になったこと ただし、常勤していなくても代表権があったり、実質的にその法人の経営上主要な地位にある場合は、除かれます。
② 取締役が監査役になったこと ただし、監査役でありながら実質的にその法人の経営上主要な地位を占めている場合や、使用人兼務役員として認められない大株主である場合は除かれます。
③ 分掌変更の後の役員の給与がおおむね50以上減少したこと ただし、分掌変更の後においても、その法人の経営上主要な地位を占めていると認められる場合は除かれます。
ただし、未払金に計上したものは、原則として退職金に含まれませんので、注意して下さい。