相続時精算課税の方法とはどのようなものですか。

ご質問

相続時精算課税の方法とはどのようなものですか

お答え

「相続時精算課税」を選択した贈与者ごとにその年の1月1日から12月31日までの1年間に贈与を受けた財産の価額の合計額から2,500万円の特別控除額を控除した残額に対して贈与税がかかります。

なお、この特別控除額は贈与税の期限内申告書を提出する場合のみ控除することが出来ます。
また、前年以前にこの特別控除の適用を受けた金額がある場合には、2,500万円からその金額を控除した残額がその年の特別控除限度額となります。

相続時精算課税を適用する場合には、財産をもらった人が申告と納税をする必要があります。なお、相続時精算課税を適用する場合には、納税額がない時であっても財産をもらった年の翌年2月1日から3月15日の間に申告する必要があります。