消費税の計算はどのようにするのですか。

ご質問

消費税の計算はどのようにするのですか。

お答え

消費税の計算は、原則、課税期間における課税売上に係る消費税額から、課税仕入れに係る消費税額を控除して計算します。この場合、課税仕入れ等に係る消費税額を控除するには、帳簿及び請求書等の保存をする必要があります。
また、基準期間の課税売上高が5,000万円以下の事業者が、事前に「消費税簡易課税制度(不適用)届出書」を提出している場合には、課税期間における課税売上げに係る消費税額に事業区分に応じた一定の「みなし仕入率」を掛けた金額を課税仕入れ等に係る消費税額とみなして、納付する消費税額を計算します。ただし、原則として、2年間は選択を取りやめることはできません。「みなし仕入率」は次のとおりです。
 第1種事業(卸売業)        90%
 第2種事業(小売業)        80%
 第3種事業(製造業)        70%
 第4種事業(その他)飲食店など   60%
 第5種事業(サービス業等)     50%
 第6種事業(不動産業)       40%
  ※平成27年4月1日以後に開始する課税期間に適用されるみなし仕入率です。
  ※簡易課税制度を選択された場合は、2年間は選択を取りやめることが出来ません、
事業計画を確認して適用して下さい。