平成26年に事業を始めました、消費税はいつから申告しなければなりませんか。

ご質問

平成26年に事業を始めました、消費税はいつから申告しなければなりませんか。

お答え

課税期間(個人事業者は暦年、法人は事業年度)の基準期間(個人事業者は前々年、法人は前々事業年度)における課税売上高が1,000万円を超える事業者は、消費税の納税義務者(課税事業者)となります。基準期間における課税売上高が1,000万円以下であっても、特定期間における課税売上高が1,000万円を超えた場合は、その課税期間においては課税事業者となります。
特定期間とは、個人事業者の場合はその年の前年の1月1日から6月30日までの期間、法人の場合は、原則として、その事業年度の前事業年度開始の日以後6か月の期間のことをいいます。なお、特定期間における1,000万円の判定は、課税売上高に代えて、給与等支払額の合計額により判定することも出来ます。
hyou2
※ 新設法人で期首の資本金が、1,000万円以上の場合は、基準期間の無い設立事業年度とその翌事業年度の納税義務は免除されませんので、ご注意下さい。