給与所得者の特定支出控除とは

ご質問

給与所得者の特定支出控除とは

お答え

給与所得者の特定支出控除の特例は、その年中の特定支出の合計額が給与所得控除額の2分の1(最高125万円)を超える場合に、確定申告により、その超える部分の金額を給与所得控除後の給与等の金額から控除できる制度です。

特定支出とは、
①通勤費、②移転費(転任に伴うもの)、③研修費、④資格取得費(人の資格を取得するための費用)
⑤帰宅旅費(単身赴任に伴うもの)、⑥勤務必要経費(図書費・衣服費・交際費等)
のうち一定の要件を満たすものをいいます。
※    ⑥勤務必要経費は、65万円が上限となります。

この控除の適用を受けるためには、確定申告書等にその適用を受ける旨及び特定支出の額の合計金額を記載するとともに、給与等の支払者の証明書や特定支出の金額を証する書類などが必要となります。