土地や建物を売ったら、税金はどのようになりますか。

ご質問

土地や建物を売ったら、税金はどのようになりますか。

お答え

土地や建物を売ったときの譲渡所得に対する税金は、分離課税といって給与所得などの他の所得と区分して計算します。ただし、確定申告の手続きは、他の所得と一緒に行うことになります。
売った土地や建物の所有期間が、売った年の1月1日現在で5年を超える場合は「長期譲渡所得」に、5年以下の場合は「短期譲渡所得」になり、適用する税率が次のとおり異なります。
   長期譲渡所得 所得税 15%
   短期譲渡所得 所得税 30%

課税譲渡所得金額は、次の算式により計算します。次の算式で計算した結果、損失が生じても、土地や建物の譲渡による所得以外の所得との損益通算はできません。ただし、マイホームを売ったときは、損失を控除できる特例があります。
   
○課税譲渡所得金額の計算方法
     譲渡価額-(取得費+譲渡費用)-特別控除額(一定の場合)=課税譲渡所得金額