内職をしていますが、収入金額がいくらまで夫(配偶者)の扶養に入れますか。

ご質問

内職をしていますが、収入金額がいくらまで夫(配偶者)の扶養に入れますか。

お答え

内職などの収入は、収入から必要経費を差し引いた残りが事業所得又は雑所得となります。
ただし、次の①②のいずれにも当てはまる方については、パート社員とのバランスを図るため、必要経費が65万円に満たない場合は65万円(収入金額が限度です)を必要経費として差し引くことが出来ます。従って、パート社員の場合と同様に、内職の収入が103万円以下でほかに所得がない場合は、所得税及び復興特別所得税はかかりません。

①    家内労働者、外交員、集金人、電力量計の検針人又は特定の方に対して継続して労務の提供をする方
②    事業所得及び雑所得の必要経費と給与所得の収入金額の合計が65万円に満たない方

また、配偶者控除の適用についても、パート社員と同じ取扱いになります。
※    住民税については、お住いの市町村により取扱いが異なる場合が有りますので窓口にてお尋ねください。