給与所得者で確定申告をしている人がいますがどのような場合に必要ですか。

ご質問

給与所得者で確定申告をしている人がいますがどのような場合に必要ですか。

お答え

給与所得者でも、確定申告をしなければならない場合や、確定申告をすると所得税及び復興特別所得税が還付される場合があります。
確定申告をしなければならない方は次のとおりです。
①    給与の収入金額が2,000慢円を超える方
②    給与所得や退職所得以外の所得金額(収入金額から必要経費を控除した後の金額)の合計額が20万円を超える方
③    給与を2か所以上から支払いを受けている方
確定申告をすると所得税及び復興特別所得税が還付される場合
①    マイホームを住宅ローンなどで取得した場合
②    多額の医療費を支払った場合
③    災害や盗難にあった場合
④    年の中途で退職し、再就職していない場合
⑤    給与所得者の特定支出控除の特例の適用を受ける場合
その他(※税理士にご確認下さい。)
※給与が1ヶ所の場合、還付される税額は、源泉徴収票に記載された納付額が限度となります。ご確認ください。