運気が良くなる方法

ある日、ヤフーで検索していると、「第348回 美輪明宏流、運気が良くなる方法」という、ブログを見つけました。

恐る恐る眺めてみると、
 「姓名判断でいうところの善い名前を持つことや、気学のの応用(家相、地相、方位等)によって運をつけることも大切ですが、いくらいい名前を持っていても、先祖供養がきちんと行き届いていない人は、幸福がなかなか廻ってきませんし、気学でいくらよい方位をとっても、なかなか効果が現れがたいものです。」との事です。

そのためには、「ご先祖様のおかげ様の波動をうまく受け取れるかどうかです。聞いた話の中で、・・・ある方が2年間ほぼ毎日お墓参りに行き、サマージャンボと年末ジャンボが1年に当たったことがあるそうです。」

やはり見えるものより見えないものの方の影響が強いそうです。

皆様は、年に何回墓参りに行かれてますか。
その中には、日本にお墓があれば、年に3回はお墓参りができると書いてありました。

ご先祖供養を怠りなく、お墓参りに行くことが大切なようです。
情報化社会の現代においても、基本に返り、ご先祖様に思いを馳せ、ご先祖様を敬うことが大切なのですね。