自然の息吹

今週初めからの花冷えも、もうすぐ終わり暖かい季節が到来しそうです。山々を見てみると新芽がにわかに育ち始めているように見えます。
この季節は、山々を見ているだけで心が和み、自然と力が沸いてくるように思います。

山を眺めていると、遥か古来より、雨水が山々に降り注ぎ山の地中を通り、自然のろ過機を経由し、人はおいしい水をいただいていました。また、草木は、太陽の光を浴び自分で光合成をし自身の栄養としています。人間はどれだけ解明しているのでしょうか。まだまだ、不思議なことばかりです。

この自然の豊かさ、自然の不可思議さを後世に伝えていきたいものです。