新入社員の心得④

4月1日が待遠しい頃になりましたね。これまで3回にわたり先輩として他愛もないこととを書いてきましたが、さらに、人として組織の中で役に立つことが出来るためには、何をすべきか考えてみました。

基本は、日常にあるものだと思います。

例えば、「電車の中で込み合っているとき、目の前にお年寄りの方が立っていたらどうしますか?」、先日の日曜日まさにその光景を目の当たりにしました。20歳過ぎの若者は、すぐに席を立ち席を譲っていました。近くで見ていた私は、今どきの若者も捨てたものじゃないなと感じ、胸の中で大きな拍手を送っていました。

これが基本だと思います。

家庭が最小の組織と言います。皆さんがどんな規模の会社に入社しようと基本は、家庭にあるということです。
成長する過程で、小学校、中学校、高校、大学と経験する中で、様々な組織(集団)というものを経験されていると思います。

その中で、「ああしておけばよかった」、「あの時こうすればよかった」等、振り返れば様々な思い出が浮かんでくると思います。

まずは、勇気を持って、回りの人が笑顔になるような言動に心がけ頑張って下さい。
きっと、そのことが倍以上になってあなたに帰ってくると思います。