気持ちが伝わるはお手紙

今の世の中は、通信機器が目覚ましく発達いたしました。

私が子供の頃には、電話交換所の方に「〇〇番お願いします。」と言って電話をつないでいただいていました。今では、メール、ライン、ツイッターなど数多くのツールにより、いつでも、どこにいても連絡が取れるようになり、気持ちを伝えることが出来るようになりました。

良いような、悪いような・・・。

先日、私の親愛なる家族より手紙をいただきました。内容は、現状を綴った他愛もないものでしたが、見慣れた字体、聞きなれた言い回し、今の家族の状況が目の前に蘇ってくる思いがしました。

いかに通信機器が発達しても、私の場合は、無機質感のあるメールよりも、直筆の手紙の方が即座に気持ちが伝わる感じがいたします。内容が仮に同じだとしても直筆の手紙の方が、特別のものに思えてなりません。

本当の気持ちが伝わるのは、手紙ではないでしょうか。

皆様は、どのようにお感じですか?