黒字経営を行うためには

平成28年3月の国税庁から公表された平成26年分法人企業の実態は、
「業績回復傾向にはあり黒字企業割合は5年連続増加しているものの、赤字企業は、66.7%」との事

皆様の会社は、いかがでしょうか?

先日、ネットサーフィンをしていると、
「赤字を黒字にした会社と赤字から脱却できない会社の違い」という言葉に目が止まりました。

その中に、
赤字を黒字にした会社は、次のことができている、との事
1.人的努力を惜しまない
   ネットワークを活用し、フットワークで勝負する。
2.発想の転換
   売り手の発想を買い手の立場から発想する。
3.無駄を省く
   外部パートナーを作って共通目標を達成しようとしている。
4.最小資本の投下で最大の利益を上げようとする
   単純労働は機械化、またはアウトソーシングにして、社員を生産性の高い
   付加価値創造型業務へと振り向けている。
5.付加価値の創造
   受注に自社からの企画提案を盛り込んでいる。

このほかにも、参考になるものがたくさん記載されていました。

自社に当てはめてみてはいかがでしょうか。

私もそうですが、長い間しみついた習慣は、良しにつけ悪しきにつけなかなか変えるのが難しいものです。
人生半分を終えた今でも、多くの本を読み、多くの人と話をし、少しずつ自分を変える努力を続けております。

皆様の参考になれば幸いです。