人生を良くマラソンに例えられることが良くあります。
いろんな景色や、上り坂や下り坂、あるいは突風に雨、さらには雪、どんな条件のもとにおいても最後まで諦めなかった人だけがゴールテープを切ることが出来る。と言われます。

今回、都道府県女子駅伝を見て、「企業経営はまさに駅伝だな」と、感じました。
最初のランナーが、必死の思いでタスキをつなぎ、次のランナーがさらに必死の思いでタスキをつなぎまだ見えないゴール目指してタスキリレーは続きます。年のせいか涙がにじんでしまいます。

企業(事業)経営は、まさしく初代が設立し軌道に乗せ、二代目がさらに時代を読みながら盤石なものへ、三代目が初代の意志を次ながらさらに盤石なものへと、日本の中には、400年以上続いている企業も多く存在します。経営者の方々には頭が下がります。

皆様の企業(事業は)今、どの段階ですか?
お力になれることがあればご連絡ください。お待ちしております。

都道府県女子駅伝を走られた選手の皆さまお疲れ様でした、さらなるご活躍を祈念いたします。