明るい未来のために

皆様は、租税法の基本原則である租税法律主義をお聞きになったことがありますでしょうか。
憲法第84条に「あらたに租税を課し、又は現行の租税を変更するには、法律又は法律の定める条件によることを必要とする。」と、あります。

すなわち、法律の根拠に基づかずに、租税を賦課、徴収することはできないという基本原則になります。

このことによるメリットは、
所得税、法人税及び相続税等は、法律等に基づき租税が徴収されるため、いくらの利益が出ればいくらの税金を支払わなければならないか、また、いくらの財産があればいくらの税金を支払わなければならないか、が事前にわかるということになります。

税金の額を必要経費と考え、長期計画を立てられることをお薦めします。

明るい未来のためにご一考されてはいかがでしょうか?