時間管理のマトリックス

最近「一日が25時間、いやもっとたくさんあれば、、、」と感じることがよくあります。
もし一日の時間が増えたとしたら、皆様は増えた時間をどのようにして過ごしますか?

全世界で3000万部以上読まれている大ベストセラー『7つの習慣』。今日はその『7つの習慣』の内の第三の習慣「最重要事項を優先する」で紹介されている「時間管理のマトリックス」について書いてみようと思います。

そもそも「時間管理のマトリックス」とは、図の通り、日々の行動を「緊急」と「重要」に従って、

第一領域 「必須:緊急性も重要性も高い」
第二領域 「価値:緊急性は低いが重要性は高い」
第三領域 「錯覚:緊急性は高いが重要性は低い」
第四領域 「無駄:緊急性も重要性も低い」


の4つに区分したものだそうです。

第二領域である「緊急性は低いが重要性は高い」ことは普段したくても後回しになっていることだと思います。
たとえば、将来の自分にとって備えとなる勉強や健康管理などです。
備えとなる時間を増やすことで、充実した一日になると思います。

「この時間無駄だったな」「この時間は充実していてあっという間に時間が過ぎたな」など色々な時間の過ごし方があると思います。
少しでも多く充実した時間を過ごしたいですよね。


今日も充実した一日になるように時間を大切にしていこうと思います!