嬉しいニュース

日本陸連は17日、東京都内で理事会を開き、リオデジャネイロ五輪マラソン代表を決めた。女子は既に内定していた伊藤舞(31)=大塚製薬=に加え、福士加代子(33)=ワコール、田中智美(28)=第一生命=が選ばれた。男子は佐々木悟(30)=旭化成、北島寿典(31)=安川電機、石川末広(36)=ホンダ=に決まった。福士はただ一人、会見を行わず、マラソンでは初の五輪へ集中モードに入った。

【Yahooニュースより】

女子で唯一、派遣記録(2時間22分30秒)を切った福士選手が、陸連サイドから内定をもらえていないというニュースを見たときは
とても驚きましたが、今回はとても嬉しいニュースでした。

日本陸連でどのような意見があったのかはわかりませんが、やはり頑張っている人の努力は報われてほしいと思います。

公の場に姿をみせなかった福士選手の代わりに所属先のワコールが発表した福士選手の手書きのコメントには
 「リオデジャネイロ五輪女子マラソンで私は金メダルが欲しいので、何があろうとあきらめずに覚悟を持って走ってきます!!」
と書いてあったそうです。

なにより私は福士選手が楽しそうに走っている姿を見て元気をもらっているので、オリンピックで福士選手が走る姿を見れることを心待ちにしています。