申請書の「提出のあった日」とはいつか。



【問】

郵送により「納期の特例承認申請書」を提出した場合の「提出のあった日」は、通信日付印により表示された日となるか、それとも税務署受付日となるか。




【答】

通信日付により表示された日を「提出のあった日」として取り扱って差し支えないこととしている。
申告、申請等の効力の発生時期の判定については、税法上特別な規定がないため、一般的には民法上の原則である到達主義(民法97①)により、税務官庁への到達の時にその効力が発生するものと解されている。

ただし、国税通則法第22条において、到達主義の例外として、納税申告書及びその申告書に添付すべき書類その他その申告書の提出に関連して提出するものとされている書類が郵便により提出された場合には、その郵便物の通信日付印により表示された日に提出があったものとして取り扱うこととされている。

本件の「納期の特例承認申請書」についても、上記のような取扱いをして差し支えないこととなっている。


なお、宅配便による場合は郵送により提出されたものではないことから、到達日が「提出のあった日」となる。



だそうです。


私は入社したばかりのときに郵送により
「納期の特例承認申請書」を提出した場合の「提出のあった日」は、通信日付印により表示された日となることを先生から教わったのでそのことについて書いてみました。

調べてみると宅配便による場合についても書いてあり、とても勉強になりました。


これは2003年事例集から入力したものです。詳しくはお問い合わせください。】