前年以前4年以内に退職手当等の支払いを受けたことがある場合


【問】

今回会社を退職するにあたり退職金を受け取ることになるが、この退職金を受け取る年の前4年以内に他の会社を退職している。その他の会社を退職した際には、退職年金をもらうことを選択(退職一時金又は退職年金の選択ができた。)して退職年金をもらっている。この退職年金を今回「退職所得の受給に関する申告書」に前年以前4年以内に退職手当等の支払いを受けたことがある場合として記載する必要があるのか?

【答】

退職所得控除額の計算において退職手当等の支払いを受ける年の前年4年内に退職手当等の支払いを受けている場合には、その過去支払いを受けた退職手当等と今回支払いを受ける退職手当等との勤続年数の調整をおこなうことになる。また退職年金は公的年金等(雑所得)であり、退職所得ではない。よって、この退職年金を「退職所得の受給に関する申告書」に記載する必要はない。

【これは2006年資料に基づいて入力されています。詳しくはお問い合わせください。】