お花見

4a8c5aa4d90df399788658524ce5f327-e1459816472994
ここ最近は、雨が降ったりやんだりしていましたが今日は久しぶりに天気がよく、桜も一段と綺麗に見えます。

皆様はもうお花見をされましたか?
会社で行われるお花見、新入社員の方にとっては多くの先輩方とのコミュニケーションを円滑にしてくれる良い機会ですよね。

今日は日本人に愛される桜の歴史や逸話について書いてみようと思います。


花見の始まり

花見の始まりは、奈良時代に中国から伝来した梅を鑑賞する貴族の行事が起源だと言われています。「万葉集」には桜より梅に関する歌のほうが多く詠まれています。それが平安時代以降、梅よりも桜の花見が主流になったようです。
豊臣秀吉も「醍醐の花見」と呼ばれる大規模な花見を催しました。花見が庶民の行楽として広まっていったのは江戸時代で、八代将軍徳川吉宗は、隅田川堤や飛 鳥 山など江戸の各地に桜の植樹を盛んに行い、花見を奨励しました。川沿いに桜を植えるのは、多くの花見客を集め地盤を踏み固める効果を狙ったものだとも言わ れているそうです。


ネタ切れと思った時は、ぜひこの桜の歴史や逸話を話のネタにしていただければと思います!!