最近のニュース

イギリスのEU離脱問題が騒がれていますが、EUを離脱することで日本にどのような影響があるのかいまいち理解しがたかったので今日はそのことについて調べてみました!

まずイギリスがEU離脱するということは、EUという巨大な後ろ盾を失うということを意味します。

イギリスの主要な産業とも言える経済も、ロンドンから撤退してパリやベルリンに移転する可能性は十分にあるでしょう。
そうなればイギリスの世界的な影響力は弱くなりますし、さらに金融街で働いていた人も失業する可能性もあり、場合によってはイギリスは相当な影響を受け大不況に陥る可能性もあります。

さらにイギリスがEU離脱すればポンドは間違いなく下がります。
また、一時的なものかもしれませんがユーロも落ちます。

<日本への影響>

現在、イギリスに進出している日本企業の数は931社です。これはEUではドイツに次ぐ2位の企業数です。

さらに、日本の対イギリス直接投資の額は1兆7000億円です。これは、アメリカに次ぐ世界2位の金額です。となると日本はいわゆる「円高」状態。特に下がったイギリスやEUの商品を今よりも安く買えるようになります。

この数字を見るだけでも日本への影響があることは明らかです。


個人的にはイギリスの商品を安く買えるので(お金があれば)嬉しいような気もするのですが、、笑
円高、円安など
学生の時に習った言葉が懐かしく、もう少し勉強をしていればと思いました