源泉所得税の納期の特例

年末調整をしていて疑問に思ったことがあります。
それは源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書をなぜ全員が提出していないのかということです。

源泉所得税は、原則として徴収した日の翌月10日までに支払わなければなりません。
しかしこの申請を行うことで、源泉徴収をした所得税及び復興特別所得税を年2回にまとめて納付できるという特例制度を受けることができるようになります。
私はこの制度を初めて知った時にとても便利だと思いました。

しかし、この申請を行っていない関与先様がいらっしゃったので詳しく調べてみたところ国税庁のホームページには

<手続対象者>
給与の支給人員が常時10人未満である源泉徴収義務者で、納期の特例制度の適用を受けようとする源泉徴収義務者

と書いてありました。

給与の支給人員が10人を超えた場合は、この特例制度を受けることができないそうです。
今日も一つ勉強になりました。