競走馬 事業所得


【問】

競走馬を10頭保有していた場合には、事業所得としてよいか。

【答】

保有しているのみでは判断できない。そのうち登録期間が6月以上である競走馬を5頭以上保有している場合、または、その年以前3年以内に6月以上の登録期間の競走馬が2頭以上保有し、かつ、その年の前年以前3年以内に黒字の年が1年以上ある場合には事業所得となる。その他、上記の条件に当てはまらない場合であっても、その年以前3年間とも競走馬賞金等の収入があり、かつ、その3年のうち、1年は5回(2歳馬は3回)以上出走の競走馬(共有馬を除く)がある場合には事業所得となる。


【これは2008年資料に基づいて入力されています。詳しくはお問い合わせください。】