建国記念の日

昨日2月11日は建国記念の日でした。
建国記念の日と建国記念日の違いは何なのか気になったので調べてみました!

まず、何を「建国」の定義とするかは国によって異なりますが、多くの国が歴史的事実に基づいて「建国を記念する日」を定め祝日としています。その呼称も国の歴史により「建国記念日」「独立記念日」「革命記念日」「解放記念日」と様々です。

一方、日本の「建国記念の日」2月11日は「建国をしのび国を愛する心を養う」として1967年(昭和42年)に改めて採用された祝日。「改めて」というのは、この2月11日という日付は、もともと1873年(明治6年)に定められ1948年(昭和23年)に廃止となった紀元節(日本の初代天皇・神武天皇が即位したとされる日)という祭日でした。

つまり、一旦廃止された「紀元節という祭日」が、「建国記念の日という祝日」となって復活したわけです。

簡単に要約すると「建国したことを祝う日が“建国記念の日”」「建国した日そのものが“建国記念日”」となります。

ちなみに日本では実際の建国日が明確ではないため、建国神話をもとに記念日を定めているそうです。