課税関係 ~火災にあったときの保険金~


【問】

貸アパートが火災にあい、700万円をかけて修理した。この火災により、保険金1700万円を受領したところ、保険屋に、この保険には税金がかかると言われたが、課税関係はどうなるのか。

【答】

その貸アパートの被災前の未償却残高と、被災直後の時価との差額が損失の金額となる。しかし、本件では、その火災により損害保険金を受領していることから、その損失の金額から保険金を控除した額が必要経費となる資産損失の額となる。損失の額より保険金のほうが多い場合には、その保険差益は非課税となる。修理代700万円のうち、被災前の未償却残高と被災直後の時価との差額の金額は、資本的支出となり、残額が修繕費となる。修理代700万円から、受け取った保険金を控除する必要はない。


【これは2008年資料に基づいて入力されています。詳しくはお問い合わせください。】