医療費控除 ~歯科ローンの返済金~


【問】

歯の治療代を信販会社の歯科ローンを利用して支払う場合は、歯科ローンの返済金の額をその支払った年の医療費控除とすることになるのでしょうか。

【答】

信販会社の歯科ローンは、患者が支払うべき治療費を信販会社が歯科医に対して立替払し、患者はその立替金を信販会社に対して利息を付して分割払する仕組みになっているのが一般的なようです。そうであるとすれば、信販会社に対するローンの返済は、信販会社に対する借入金の返済にすぎないので、医療費を支払ったことにはなりません。しかし、歯科医に対する信販会社の立替払は、信販会社が患者に代わって医療費を支払ったことになりますから、信販会社が立替払をした時に患者が医療費を支払ったことになります。
したがって、信販会社が立替払をした金額は、その患者のその立替払をした年に全額が医療費控除の対象となります。
なお、歯科ローンを利用した場合には、患者の手もとに歯科医の領収書がないことが考えられますが、この場合は、歯科ローンの契約書や信販会社の領収書などにより治療費の支払先や治療費の額を証明することが必要となります。


【これは平成17年資料に基づいて入力されています。詳しくはお問い合わせください。】