自動車保険は損害保険料控除の対象となるか。


今日は損害保険料控除について気になったことを調べてみました!


【質疑要旨】
 
自動車保険は損害保険料控除の対象とならないと聞いたが、その理由は。
障害者用の自動車に対する保険でも対象にならないのか。

 

【回答要旨】

一般的には損害保険料控除の対象とはならない。

1.損害保険料控除の対象となる保険料には、

①家屋で常時その居住の用に供するものを保険又は共済の目的とする損害保険契約等
②法9①九(生活用動産の譲渡所得の非課税)に規定する資産を保険又は共済の目的とする損害保険契約等
③身体の障害に基因して保険金又は共済金が支払われる損害保険契約等
④身体の障害又は疾病により病院等に入院して法73②(医療費控除)に規定する医療費を支払ったこと等に基因して
   共済金等が支払われる損害保険契約等

に係る保険料又は掛金とされている。

2.損害保険料控除の対象とならない保険料には、

①被保険者が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害を担保する条項や特約にかかる保険料
②被保険者以外の身体の傷害を原因とする見舞費用等の出費を担保する条項や特約にかかる保険料

等が挙げられており、一般的に自動車保険はこれに該当するため、損害保険料控除の対象とはならない。また、車体自体を保険の目的とする保険についても一般的には対象とならない(生活に通常必要な動産に該当しないため)が、身体障害者用特別製自動車で日常生活に欠かせないものとして使用しているような場合には、損害保険料控除の対象となる。


だそうです。
控除の対象になるかならないか判断するのは結構難しいですよね。
私もお客様に質問をされたときにわかりやすく説明をできるようになりたいです。

皆様と一緒に毎日気になったことを一つずつ解決していけたらと思っています。