非常勤の消防団員に支給する手当の課税

【問】

非常勤の消防団員に支給する手当の課税はどうなるか。

【答】

非常勤の消防団員が、出動した場合に受ける出動手当等でその者の出動の回数に応じて支給されるものは、「その職務を行うために要した費用の弁償」に該当し、課税されない。また、出動の回数に関係なくあらかじめ定められている年額、月額等によって支給を受ける報酬については、その年中の支給額が5万円以下であるものに限り、課税しなくて差し支えない。例えば、半年払の場合、月割額(支給額を6で除した額)を月額表(乙欄適用の可能性大)に当てはめて求めた税額を6倍して算出する。


【これは2008年資料に基づいて入力されています。詳しくはお問い合わせください。】