母の日・父の日

もうすぐ父の日ですね。

私の両親は特にこれといった趣味があるわけでもなく、毎年母の日、父の日のプレゼント選びはとても悩みます。
気づけば、母の日、父の日はあっという間に過ぎ去っていてまた今度渡せばいいか、、と思い
何のプレゼントだったのかわからなくなってしまうこともしばしば、、

近くにいるからこそいつでも会えるからまた次の機会にと先延ばし先延ばしにしてしまいますよね。


孝行のしたい時分に親はなし


親の有り難さが分かる年頃には、親はこの世にはいないもの。親が生きているうちに孝行せよという戒め。


この言葉は自分に言われているようで、もうすぐ来る父の日のプレゼントをちゃんと考えようと思いました。

日本では「母の日」は5月の第2日曜「父の日」は6月の第3日曜ですが、世界各国における「母の日」「父の日」の起源・由来には諸説あり、その日付も様々です。

ここでは、有力説として語られることが多いアメリカ発祥説を紹介していきます。

~母の日の由来~

アメリカ合衆国とアメリカ連合国で争われた南北戦争(1861年~1865年)の最中、負傷兵の救護や衛生管理を行うため、「母の仕事の日」と銘打ち、敵味方を問わず地域の女性を結束させたアン・ジャービスという女性活動家がいました。

そのアン・ジャービスの死から2年経った1907年5月12日。娘のアンナ・ジャービスが、母アンが生前に日曜学校の教師をしていたという教会で記念会を開催、その際、母が大好きだったという白いカーネーションを祭壇に掲げたと言われています。

この行為がアメリカ全土に広がりを見せ、1914年、当時のウイルソン大統領が、5月の第2日曜を「母の日」として国民の祝日に制定しました。

亡き母に白いカーネーションを贈ったアンナの行為を受け、後に「母が他界している場合は白いカーネーション」「母が健在であれば赤いカーネーション」を胸に飾るようになったと言われ、それがやがて、「母の日にはカーネーションを贈る」という習慣へ変化していったと言われています。


良い話過ぎて涙もろい私は朝から少し泣きそうになりました。笑
小学生の時小銭を握りしめて近所のお花屋さんに妹とカーネーションを買いに行ったことを思い出します。

来年の母の日はカーネーションを贈ろうと思います

明日は父の日の由来について書こうと思うのでぜひ読んでください!