読書の秋

まだ暑い日もありますが、日に日に過ごしやすくなってきました。
周りの景色を見渡すと季節はすっかり秋ですね。

「読書の秋」という言葉のせいか、最近読書をしたいと思うことが多くなりました。
学生の頃は学校に図書館があったおかげでいつでも手軽に本を手に取ることができましたが、社会人になると
わざわざ図書館に行くのがおっくうで読書をする機会もめっきり減ってしまいました。

小学生の時は本を読むことが好きで、学校で配布された国語や道徳の教科書は授業で習う前に先に読んでしまうような子でしたが、
いつの間にか本を読むことを面倒くさいと思うようになってしまったことを少し寂しく思います。

ですから今年の秋は暇な時間を見つけて図書館に足を運んでみようと思います