明るいニュース

最近はニュース番組を見ていても暗いニュースがとても多かったですが、先日久しぶりに明るいニュースを聞きました!
アメリカ音楽界で、もっとも権威があるとされる「グラミー賞」の授賞式が15日、ロサンゼルスで行われ、世界的に活躍する音楽家、小澤征爾さんが指揮をした作品「ラヴェル:歌劇《こどもと魔法》」が最優秀オペラ・レコーディング賞を受賞されたニュースです。



ことしで58回目となるグラミー賞の授賞式が15日、ロサンゼルスで行われ、各賞の発表が続いています。
この中で、世界的に活躍する音楽家、小澤征爾さんが指揮をした作品「ラヴェル:歌劇《こどもと魔法》」が最優秀オペラ・レコーディング賞を受賞しました。受賞した作品は、2013年に長野県松本市で開かれた音楽祭、「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」で小澤さんが指揮をした公演のもようを収録したものです。
小澤さんは、旧満州生まれの80歳。アメリカのボストン交響楽団で30年近くにわたって常任指揮者と音楽監督を務めたほか、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団をはじめとした世界有数のオーケストラと共演するなど、その実力は世界で高く評価されています。
作品を販売する大手レコード会社「ユニバーサルミュージック」によりますと、小澤さんは、今回を含めてこれまでに8回、グラミー賞にノミネートされていますが、受賞は初めてだということです。

                                                                   【NHKニュースより】



私は今までオペラを鑑賞したことはないですが、ニュースで小澤さんの力強い指揮を見てオペラに興味がわきました。
頑張っている人の姿はとても輝いて見え、心を動かされるものがあります。
私自身頑張っている家族や友人の姿を見て励まされたことは何度もあります。

私も自分の行動で誰かの心を動かせることができるよう過ごしていきたいと思っています!