事業所を納税地としている者が住所地を移転した場合


【問】

事業所を納税地としている者が住所地を移転した場合、税務上手続きを要するか。


【答】

納税地を異動等した場合には届出が必要であるが、本件においては納税地に異動等はないため手続きを要しない。
なお、住所地を納税地としている者が、事業所の移転をした場合には、移転した旨を記載した「個人事業の開廃業等届出書」を
提出しなければならない。



【これは2007年資料に基づいて入力されています。詳しくはお問い合わせください。】