難波のブログ

2017年12月20日|カテゴリー「難波のブログ

【問】

100%子会社は特殊支配同族会社に該当するか

【答】

その子会社の業務主宰役員及び業務主宰役員グループの合わせた株式保有数が90%以上の場合には特殊支配同族会社に
該当する。(例・個人Aの親族が100%出資している同族会社Bが100%出資のC社を有する場合で、C社の業務主宰役員がAであるような場合)。


【これは2007年資料に基づいて入力されています。詳しくはお問い合わせください。】
2017年12月19日|カテゴリー「難波のブログ

【問】

法人が割賦契約で購入した固定資産に掛かる割賦利息は当該固定資産の取得価格に算入されるか。

【答】

固定資産の取得価格に含めるか含めないかは法人の選択による。含めない場合には、賦払期の属する事業年度の単純損金となる。

【これは2007年資料に基づいて入力されています。詳しくはお問い合わせください。】


2017年12月18日|カテゴリー「難波のブログ

【問】

代表者が入院するため1か月間役員給与を支給しない場合、定期同額給与となるか


【答】

一定期間の減額については、不祥事による場合が認められている(役員給与に関する質疑応答事例 18年12月 庁 問3)
が、病気による場合は、臨時改定事由に該当しない限り、一定期間の減額は認められていない。



【これは2007年資料に基づいて入力されています。詳しくはお問い合わせください。】


2017年12月14日|カテゴリー「難波のブログ

【問】

個人事業者が新古車を購入したが減価償却は新車として減価償却するのか。


【答】

使用されていないので新車と同様に減価償却する。



【これは2005年資料に基づいて入力されています。詳しくはお問い合わせください。】
2017年12月13日|カテゴリー「難波のブログ

【問】

1月分の地代を12月に受取る契約の場合、収入金に計上するのはいつか。


【答】

原則は、定められた支払日で計上する。ただし、事業として行われている場合には、前受金として経理していれば、
対応する月の収入金とすることができる。




【これは2004年資料に基づいて入力されています。詳しくはお問い合わせください。】
scroll-to-top