契約者父、受取人子となっている保険契約の場合

【問】

契約者父、受取人子となっている保険契約の場合、実際には掛け金及び受け取り金のいずれも折半となっている場合でも、名義上、贈与税が課されるのか。

【答】

実際に掛け金及び受け取り金が折半になっていることが確認できれば、各自の一時所得となる。