生命保険契約について


【問】

日本に所在する保険会社との生命保険契約が満期になったことによって、非居住者が受領する満期返戻金は、
どのように課税されるか。


【答】

非居住者が受領する生命保険契約に係る満期返戻金は、「国内にある資産の運用、保有若しくは譲渡により生ずる
所得その他その源泉が国内にある所得として政令で定めるもの」(所法161①一)の「保険金の支払又は剰余金の分配を受ける権利」(所令280①三)に該当し、総合課税の対象となる。生命保険契約に係る満期返戻金の計算は、居住者、非居住者の区別なく一時所得の計算を行うことになる(所法165)。